1. ホーム >
  2. 導入事例

Create a New Value

導入事例(ケーススタディ)の概要

グローバルクラウド連携、Concord(SaaS型EAI/ETL)は、Salesforce(セールスフォース)、Microsoft Dynamics CRMなどのクラウドへのデータ移行、データ連携・同期案件からシステム統合案件、オンプレミス製品とクラウドサービスとの連携案件、企業合併・再編に伴なうシステム移行・統合案件など、幅広いプロジェクトで活用することが可能です。
この導入事例ページでは、いくつかのケーススタディをご紹介しております。

1. SalesforceとSAPのクラウド連携・統合案件

ある大手機器メーカー様は、SAP、Oracle、IBMなどの製品をはじめとするオンプレミス製品を幅広く所有していました。以前より注文管理と財務管理には、SAPを使い処理をしていましたが、営業組織が業務効率化、生産性の向上を目的に新たに導入したSalesforceと連携できずに、その解決策を検討しておりました。
SAPとSalesforceを連携させる上で、連携用のカスタムコードを作成する案が検討されましたが、設計から開発に要する日数と膨大なメンテナンスが発生することがから、すぐに却下されました。そんな同社が選択した製品とは・・・

詳しくはこちら

2. Salesforceへのデータ移行・連携案件

ある大手流通企業様は、コールセンターのサービス担当者が使う顧客管理システム(CRM)にSalesforceを導入し、既存のあらゆるアプリケーションのデータの移行・連携を実施しました。
データの移行・連携に伴い、社内の情報システム部の主要な課題は、データの移行・連携に専門的なスキルと経験を持つメンバーを必要とすること。また、従来のデータ移行・連携の手法(連携用のカスタムコード)では、高度化する連携ニーズに対応できないことがありました。

詳しくはこちら

Copyright(C) 2017 Briscola Inc, All Rights Reserved.