1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. 最新情報 >
  4. 2011 >
  5. OGC 標的型サイバー攻撃対策に関するクラウド利用者への緊急提言

Hot Integration Topics

OGC 標的型サイバー攻撃対策に関するクラウド利用者への緊急提言 2011年12月19日

OGC 標的型サイバー攻撃対策に関するクラウド利用者への緊急提言
OGC Webサイトで提言書を公開

オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC)では、2011年12月に標的型サイバー攻撃対策に関するクラウド利用者への緊急提言を行いました。昨今の我が国官民への標的型サイバー攻撃への対応策としてとりまとめたものです。弊社ブリスコラは、本コンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。

コンピューティング環境は、2010年代に入ってから急速にその姿を変えつつあります。そして、その変化を支える技術の一つがクラウドコンピューティング(以下「クラウド」)です。
私達OGCは、クラウド事業者・利用者の両者にとって安全で有効な活用方法の普及を目指してクラウドの黎明期より様々に活動してまいりました。それらの中に、セキュリティは常に最優先課題として位置付けられておりました。

この度、相次ぐ標的型攻撃の発覚を受けて、OGCとしてこれまでの活動実績を踏まえ、特にクラウド利用者が短・中期的に行うべき重要な事柄を「9つのセキュリティに関する緊急提言」としてとりまとめ、皆様に共有致します。

現在、政府機関、重要インフラ企業等へのサイバー攻撃は、従来のような愉快犯的な個人によるものから、産業スパイや政治的目的をもった組織によるものにシフトしています。
本提言が、日々激しさと深刻さを増す標的型攻撃に対する漠然とした不安を取り除き、安全で有効なクラウド利用につながることを願っております。

標的型サイバー攻撃対策に関する 主な表題

・利用者側におけるクラウドサービスの管理作業用アカウント・端末は厳重に管理する
・クラウド利用に於いてもクライアントセキュリティに注意を払う
・攻撃が高度化していることを認識し、多層防御化する
・セキュリティ事故時の危機対策プランを策定する
・クラウド提供者が信頼性の高い脆弱性検査を定期的に受けていることを確認する
・立証責任と追跡調査性を確保する
・セキュリティに関する最終責任はクラウド利用者であることを認識する
・サービスインフラ全体への注意を怠らない
・情報セキュリティ教育と育成

標的型サイバー攻撃対策に関するクラウド利用者への緊急提言

http://www.open-gov-cloud.jp/propo-securuty.html

本件に関するお問い合わせ
株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
東京都港区赤坂7-3-37 プラース・カナダ1階
Tel :03-6894-7440 Fax:03-6894-7701 Mail:press@briscola.co.jp

お知らせ

プレスリリース
最新情報
メディア掲載情報
Copyright(C) 2017 Briscola Inc, All Rights Reserved.