1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. 課題・解決

Integration in Days

グローバルクラウドデータ連携、Concordで解決する課題、問題

現在のICTは、時代の変化に応えられていますか? ブリスコラのクラウド連携ソリューション(Concord)は、お客様の課題解決への確かな道筋を提示します。

課題 1 : クラウドへデータを移行したい   [ クラウドマイグレーション ]

新しく導入したクラウドサービス、スタンドアローンで動いてませんか? 現在、多くの企業のIT環境には、クラウドとオンプレミス・アプリケーションが混在し、これらのデータ移行、連携が極めて重要な課題となりつつあります。それでは、クラウドサービスにデータを移行させるためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

・よくある課題 例
  • クラウドへ低価格でデータを移行させたい
  • クラウドを導入したいが、データ連携に困っている
  • 連携のための独自プログラムを作成したくない
課題 2 : クラウドへデータを複製したい   [ クラウドレプリケーション ]

Amazon S3とIIJクラウド型ストレージサービスを組み合わせて、バックアップデータを取得したい。最近、このようなご相談をお客様からよく頂戴します。それでは、クラウドサービスを使いデータを複製するためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

・よくある課題 例
  • クラウドサービス上に、バックアップを取っておきたい
  • 複製したデータ(レプリカ)をクラウドに複数配置したい
  • ビジネス継続上重要となるデータ資産のより堅牢な保護をしたい
課題 3 : クラウドとデータの同期を取りたい  [ クラウドシンジケーション ]

必要なデータが見つからない。データが散在しており、必要な分析、意思決定ができない。このようなことは、御社にはあてはまりませんか?ビジネスの価値を引き出すデータ同期。それを速く、そして、低価格で実現するためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

・よくある課題 例
  • SAP ERPとSalesforcceを同期させたい
  • 基幹系システムと連携をしたい
  • EAI、ETLのソフトウェアは高くて買えない
課題 4 : マスターデータ管理で困っている  [ マスターデータマネジメント ]

マスターデータと呼ばれる顧客、契約、商品などのデータは、いずれもビジネスにおいて、最も重要な意味をもつにも関わらず、企業内では、多種多様なアプリケーションに散在し、品質が保たれていないのが現状です。正確で変化に強いマスターデータを作るためには、どのようなことを考えるべきなのでしょうか?

・よくある課題 例
  • マスターデータ間の整合性を維持したい
  • 一貫性のあるマスターデータセットを常に維持したい
課題 5 :データウェアハウスを再構築したい  [ データウェアハウス ]

激化する企業競争を勝ち抜くためには、正確かつタイムリーに把握することが必須であり、そこから問題点を検出し迅速に対応していくこと、価値ある経営戦略を導き出すことが求められています。広範囲に蓄積された異なる形式のデータを抽出し、必要に応じて加工、統合して分析するデータウェアハウスは、どのようにしたらよいのでしょうか?

・よくある課題 例
  • データウェアハウスを再構築したい
  • トランザクションデータを蓄積したい
  • 蓄積したデータを意思決定支援に活用したい
課題 6 :企業間のデータ交換で困っている  [ B tot Bデータ変換]

受発注、見積、決済や入出荷といった企業間で行われるデータ交換は正確さとスピードが求められます。業種業態に関係なく、企業間のデータ連携をスムーズに行う環境は、どのように構築したらよいのでしょうか?

・よくある課題 例
  • 企業間のデータ連携をスムースに行いたい
  • 開発コストを低減したい
  • 柔軟な変更・拡張を可能にしたい
Copyright(C) 2017 Briscola Inc, All Rights Reserved.